病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針

循環器内科

お近くのクリニックとの連携、病診連携にも力を入れています。副院長 松本高宏

循環器科は、1. 高血圧、2. 狭心症や心筋梗塞という虚血性心疾患、3. 不整脈、4. 心臓弁膜症、5. 肥大型や拡張型心筋症、6. 心不全、7. 大動脈および末梢動・静脈疾患などを担当する専門内科です。

自覚症状としては、胸の痛み、息切れ・呼吸困難、動悸や脈の乱 れ、ふらつきや失神、手足の冷え・痛みやむくみなどがあります。このような症状のある方は、どうぞお気軽にご相談ください。また、これらの病気の初期に は、すでに心電図に変化が出ている場合でも無症状のことがあります。健康診断などで心電図異常を指摘された場合には、症状がなくても一度ご相談くださると 安心です。

当院では、専門医による十分な問診と診察に引き続いて、胸部X線写真、12誘導心電図、心臓超音波(エコー)検査、運動負荷試験、24時間心電図(ホルター心電図)、四肢血圧脈波検査などの体への負担の少ない検査を行い、的確な診断と最適・最善の治療に努めています。

最近増えている虚血性心疾患については、同じ狭心症であってもその病気の状態は人それぞれ異なり、最適な治療法も一人ひとり違ってきます。冠動脈(心臓の 栄養血管)の変化の状態をしっかり吟味することが大事です。当院では、心臓カテーテル検査の代わりに、簡便で体への負担が軽い高性能の128スライスCT を用いた冠動脈検査(図)を行っています。虚血性心疾患に対する冠動脈インターベンショ ン(閉塞あるいは狭窄した冠動脈をバルーンの付いたカテーテルなどで拡張する治療)や冠動脈バイパス手術、また徐脈性不整脈に対する人工ペースメーカー植 込み術は当院ではできませんが、必要と判断された場合にはそれらの治療が施行可能な近隣の施設に紹介できるように病院間の緊密な連携を行っています。

医師紹介

副院長 松本高宏
【専門診療科目】 循環器内科
【卒業年次】 昭和58年
【資 格】 日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 循環器専門医
日本医師会 認定産業医
【今後の方針】 同じ病気であっても患者さまごとに、その状態は異なりますので丁寧にお話をお聞きし診察をさせていただいて、それぞれの方のためになる医療の実現に努力いたします。
循環器科診療医師
重藤 由行       
宮田 健二  
PageTop