病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針

整形外科

従来の治療で結果が思わしくなく、手術的治療を考えられている方へ。整形外科部長 友弘愼一

人体の運動器官である、骨・関節・筋肉・靱帯・腱・神経の病気や外傷(ケガ)を治療し研究する医学の一部門です。整形外科の治療は、単に病気やケガを治すだけではなく、運動機能をできるだけ元に回復させることを目的とします。

また、運動機能の障害だけではなく、痛みを主とする疾患(神経 痛・リウマチなど)の治療を行うのも整形外科の主要な仕事です。よく形成外科や美容外科と混同されますが、形成外科は組織の異常、変形や欠損などの疾患を 治療し、美容外科は主として形成外科医が行う顔面の醜形を改善する診療科です。また、整形外科は整骨院(接骨院)とは全く異なります。整骨院は柔道整復師 という人達が行っている施術所のことです。病院での整形外科は当然のことながら医師が行う診療科です。

主に手術による外科的療法と手術をしない保存的療法に分かれます。保存的療法は脊椎圧迫骨折等を除き原則として外来での治療となります。当院では平日の午前中外来診療を行っています。

骨折に対するギプス固定やリハビリテーション。頻度の高い腰痛(椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症)、膝痛(変形性膝関節症等)、肩痛(五十肩等)に対し生活指導、投薬、関節内注射(ヒアルロン酸)等の治療を行っています。
ただ、慢性疾患に対する温熱療法や牽引療法等のリハビリテーションは行っておらず必要な場合は開業医の先生方にお願いしていますので御了承ください。整形 外科専用の手術室や手術器具も完備していますので積極的に手術療法も行っています。当院では以下のような手術が可能です。


・骨折の手術(大腿骨頚部骨折に対する骨接合術や人工骨頭置換術等)
・膝関節鏡視下手術(半月板損傷に対する部分切除術等)
・人工関節置換術(膝関節と股関節。手術前に自家血を800ml貯血します。)
・絞厄性神経障害の手術(手根管症候群等に対する神経剥離術)
・腱の手術(腱断裂に対する縫合術、腱鞘切開)

脊髄、脊椎に対する手術は行っていません。
従来の治療で結果が思わしくなく、手術的治療を考えられている方は是非ご相談ください。


医師紹介

整形外科部長 友弘愼一
【専門診療科目】 整形外科
【卒業年次】 昭和63年
【資 格】 日本整形外科学会 認定医
日本整形外科学会 スポーツ専門医
【略 歴】 昭和63年 九州大学医学部卒業
平成元年 九州大学病院研修医
平成2年 国立 小倉病院研修医
平成3年 九州大学病院医員
平成3年 九大歯学部生化学教室助手
平成4年 九州厚生年金病院整形外科 勤務
平成5年 北九州市立若松病院整形外科 勤務
平成6年 九州厚生年金病院整形外科 勤務
平成7年 麻生飯塚病院整形外科 医長
平成16年 健康保険 直方中央病院 勤務
【今後の方針】 慢性的な腰痛、膝痛、肩痛等に対する、保存的治療の他に交通外傷、スポーツ外傷による骨折、腱、靭帯損傷等に対し、骨接合術等の手術的治療を行います。また、変形性膝関節症や、変形性股関節症に対し、人口関節置換術も行います。
整形外科診療医師
李 碩遠 平成21年 韓国(私立)Chosun Univ. 医学部 卒業
平成21年 韓国医師免許取得
平成25年 日本医師免許取得
平成25年 福岡記念病院 勤務
平成28年 唐津赤十字病院 勤務
平成29年 九州医療センター 勤務
平成29年 九州大学病院 勤務
PageTop