病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針

眼科

直方鞍手地区唯一の入院可能な眼科施設として 永富智浩

福岡ゆたか中央病院眼科は、直方鞍手地区唯一の入院可能な眼科施設として主に白内障手術、緑内障、糖尿病網膜症などの診療を行っています。白内障手術は原則入院ですが、全身的な合併症のない方には日帰り手術も行っています。
近隣の開業の先生方と密に連絡をとり、症状が落ち着いた方には、眼科かかりつけ医として逆紹介を積極的に行っています。

手術室での手術総数は、平成18年141例、平成19年192例、平成20年290例、平成21年386例、平成22年度424例、平成23年度326例でした。平成23年度の福岡県内のDPC対象病院における治療実績数では、県内11番目でした。
白内障手術は、超音波乳化吸引術と眼内レンズ挿入術を主に行っています。
平成23年1月より、最新の白内障マシーン(アルコン社インフィニティ)導入。

緑内障の診断治療には、常勤の視能訓練士による視力、視野検査、UBM(超音波顕微鏡)を用いた前房深度測定を行い、精密な評価を行うことが可能です。緑内障発作の危険性が高い方には、レーザー虹彩切開術、早期の白内障手術を行っています。

当院には糖尿病専門医が常勤しておりますので、手術前の血糖コントロール等はお互いに連絡をとりながら治療にあたっています。
眼底検査の際は、4~5時間ピントが合いにくい症状がありますので、ご自分で車を運転しての来院は控えたほうがよろしいでしょう。眼科かかりつけ医のある方は必ず紹介状を持たれての受診をお願いいたします。

医師紹介

眼科医長 永富智浩
【専門診療科目】 眼科部長
【卒業年次】 平成8年
【資 格】 日本眼科学会 専門医
【略 歴】 平成8年 国立秋田大学医学部卒業
平成10年 九州大学病院眼科 勤務
平成12年 県立 宮崎病院眼科 勤務
平成15年 九州厚生年金病院眼科 勤務
平成16年 下関市立中央病院 眼科医長 勤務
平成17年 平鹿総合病院 眼科科長 勤務
秋田大学臨床講師
平成19年 国立九州医療センター 勤務
平成21年 麻生飯塚病院 眼科医長 勤務
平成22年 健康保険直方中央病院
眼科医長 勤務
【今後の方針】 丁寧な診察、説明を心掛けたいと思います。
PageTop