病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針

麻酔科

痛みや不安を取り除き、手術によるストレスを抑制、安全にスムーズに必要不可欠な医療技術。健康管理センター開施設長兼麻酔科部長 柳田憲志

手術は病気を治療するための医療技術の一つですが、身体にメスを入れるとい う侵襲を与えるため痛みとストレスが加わります。ストレスは身体に有害な反応を起こし、病気の治療にも影響することがあります。麻酔は手術時の患者さまの 痛みや不安を取り除き、手術によるストレスを抑制し、手術が安全にスムーズに行なえるようにする必要不可欠な医療技術です。

麻酔科医の役割は手術の痛みをとるだけではなく、手術中に患者さまに起こる異常事態(出血、循環動態の変動など)を常時モニターし、最適な薬剤を使用するなどして異常事態に対応し、手術中の患者さまの全身状態を安全・良好に維持することです。

当院では麻酔科は2010年3月まで常勤医不在でしたが、4月以降常勤 医1名で診療しています。原則として、外科・整形外科・眼科の局所浸潤麻酔以外の麻酔(全身麻酔、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔)を担当していますが、場 合によっては各科で麻酔管理を行なうこともあります。

現在では、医療機器・薬剤・医療技術などの進歩により麻酔の安全性は大 幅に向上していますが、麻酔を含め医療にはある程度の危険が伴います。危険の程度は手術や患者さまの病気・全身状態などによって差がありますが、健康な人 でもまれに生命にかかわるようなことが起こる可能性はあります。

日本麻酔科学会では毎年「麻酔関連偶発症例調査」を実施していますが、 2005年の調査によると、手術における全てが原因の心停止発生率は10000人あたり4.24人、死亡率は10000人あたり4.91人で、麻酔自体が 原因の心停止発生率は10000人あたり0.21人、死亡率は10000人あたり0.07人でした。

日本麻酔科学会は安全な医療を提供するために複数の職種で構成された「周術期管理チーム」を提唱しています。当院には手術室の専任看護師はいませんが、病棟の看護師が術前・術中・術後と切れ目なく看護を行なっており、臨床工学技士も手術業務に加わります。

又、日本麻酔科学会作成の「安全な麻酔のためのモニター指針」では、最初の項目に「現場に麻酔を担当する医師が居て、絶え間なく看視すること」が定められていますが、当院では新日鐵八幡記念病院や産業医科大学病院に応援をお願いし、極力この指針に従うようにしています。


医師紹介

健康管理センター開施設長兼麻酔科部長 柳田憲志
【専門診療科目】 麻酔科
【卒業年次】 昭和58年
【資 格】 -
【略 歴】 昭和58年 旭川医科大学医学部卒業
昭和58年 産業医科大学 麻酔科
昭和61年 九州厚生年金病院 麻酔科
昭和62年 産業医科大学 麻酔科
平成2年 国立 小倉病院 麻酔科
平成3年 三菱化学病院 麻酔科
平成22年 健康保険 直方中央病院 勤務
【今後の方針】 -
PageTop