病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針

平成29年度 福岡ゆたか中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 16 21 34 112 251 566 883 765 174


10歳未満につきましては、患者数が10未満のため「-」としています。

当院が位置する直方市は、高齢化率が約32.3%(平成29年度)と全国平均(27.7%)より高いため、入院患者の年齢層は60代以上が大半を占めており、60代以上の入院患者の占める割合は84.6%となっています。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科 





DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2:なし 20 31.90 17.16 15.0% 69.8
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他) なし 17 40.47 12.23 0.0% 50.4
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 16 26.31 20.83 18.8% 82.8
050130xx99000x 心不全 なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 12 35.75 17.71 8.3% 83.9
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 重症度:A-DROP スコア1 10 20.40 13.51 0.0% 80.3

内科における患者数第1位の全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患の平均在院日数は、全国のそれより14日長く、第2位の痛風、関節の障害、第3位の誤嚥性肺炎の平均在院日数は、全国のそれより6~28日長くなっています。




呼吸器内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎   手術・処置等2:なし 41 20.27 19.65 4.9% 74.3
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 29 23.48 20.83 24.1% 83.2
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 重症度:A-DROP スコア1 28 19.04 13.51 7.1% 82.5
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 25 3.56 3.59 4.0% 77.4
050130xx99000x 心不全 なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 16 33.38 17.71 18.8% 82.9

呼吸器科における患者数1位は間質性肺炎となっており、平均在院日数は全国平均のそれより約0.6日長くなっております。第2位の誤嚥性肺炎の平均在院日数は、全国のそれより3日ほど長く、第3位の肺炎(手術なし)は全国平均より5.5日長くなっています。




消化器内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 なし 31 7.77 7.87 0.0% 67.2
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2:なし 25 15.12 8.73 0.0% 72.6
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) なし 21 3.38 3.02 0.0% 74.0
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 20 12.8 10.71 5.0% 76.9
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 15 29.67 20.83 33.3% 81.5

消化器内科における患者数第1位は憩室性疾患となっており、平均在院日数は全国平均と比べてもほぼ変わりありません。第2の胃の悪性腫瘍(内視鏡的治療あり)の平均在院日数は、全国のそれより7日ほど長く、第3位の小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) の平均在院日数は、全国平均とほぼ変わりありません。




循環器科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050130xx99000x 心不全 なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 18 33.44 17.71 0.0% 80.8
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -


循環器内科では患者数第1位に心不全(手術なし)となっています。心不全の平均在院日数が、全国のそれに比べ非常に長いため、短縮に努めています。

第2位以下は患者数が10未満でした。





外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 60 8.12 6.64 1.7% 61.4
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 27 8.74 10.61 7.4% 76.6
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 25 20.16 15.61 4.0% 71.8
060020xx99x7xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:7あり 19 3.32 7.98 0.0% 71.4
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 19 11.11 7.40 0.0% 69.3

外科における患者数第1位と2位は、胆石症や胆管結石症などに対する治療となっており、平均在院日数は全国平均より約2日長くなっております。第3位は大腸癌に対する手術となっており、平均在院日数は全国平均に比べ約4日長くなっております。第4位は胃の悪性腫瘍(手術なし)で、平均在院日数は全国平均より約4日短くなっております。第5位は炎症のある胆のうに対する手術となっており、平均在院日数は全国平均より約4日長くなっております。




整形外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 30 46.77 27.09 40.0% 83.5
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) なし 副傷病:なし 28 29.79 19.94 10.7% 78.3
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病:なし 11 13.27 5.21 0.0% 59.3
- - - - - - -
- - - - - - -


整形外科は大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭置換術が最も多く、平均在院日数は全国平均と比べ約19日ほど長くなっています。第2位では胸椎や腰椎の圧迫骨折となっており、平均在院日数は全国平均と比べ約10日ほど長くなっています。

第3位の前腕の骨折に対する手術の在院日数は、約8日全国平均と比べ長くなっています。

各骨折に関して在院日数が長くなっているため短縮するよう努めています。第4位以下では患者数が10未満でした。





呼吸器外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 あり 手術・処置等2:なし 15 32.53 12.35 6.7% 75.1
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -


平成28年度より呼吸器外科を開設しました。

第1位は肺癌(手術あり)が最も多くなっておりますが、在院日数が全国平均と比べ約20日長くなっています。

第2位以下は患者数が10未満でした。





眼科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等2:4あり 49 2.00 2.47 0.0% 72.5
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -


当院では1人体制で眼科一般の診療を行っており、白内障の手術を主に行っています。

患者数第1位の黄斑変性(手術なし)での平均在院日数は、ほぼ全国平均と変わりません。

第2位以下は患者数が10未満でした。




初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード





初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 35 - - 35 11 12 2 第6版
大腸癌 29 10 23 34 - - 2 第6版
乳癌 12 13 - 15 - 14 2 第6版
肺癌 11 - 15 17 12 - 2 第6版
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数で、患者数が10未満の数値には「-」としています。

平成29年度の部位別の初発5大癌のUICC病期分類ならびに再発患者数を集計いたしました。

UICC 病期分類とは、UICC 病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の 3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。


成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード





患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 24 17.88 61.4
中等症 125 20.42 81.0
重症 12 16.33 85.0
超重症 - - -
不明 - - -


超重症及び不明につきましては、患者数が10未満のため「-」としています。

市中肺炎とは、通常の生活を送る中でかかる肺炎のことであり、当院では「中等症」の方が最も多く、次いで「軽症」の方となっております。

重症度が高くなるにつれ、平均在院日数も長く、患者さまの平均年齢も高齢となっています。


脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- - - - -

こちらの項目につきましては、患者数が10未満のため「-」としています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


消化器内科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 355 0.40 1.38 0.0% 68.0
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 32 0.94 1.50 0.0% 65.0
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 26 6.15 8.50 0.0% 72.6
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 22 1.59 8.27 0.0% 71.5
K654 内視鏡的消化管止血術 18 0.44 9.89 5.6% 77.7

消化器内科で実施する手術で1番目と2番目は、大腸ポリープに対して内視鏡的に治療を行うものが多くなっています。




外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 86 2.66 6.90 2.3% 63.9
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 29 1.17 12.59 6.9% 79.2
K6335 鼠径ヘルニア手術 25 0.48 1.96 0.0% 70.8
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 25 3.84 15.64 4.0% 71.1
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 18 1.28 5.78 5.6% 63.7

当院では患者さまの身体への負担が少ない、腹腔鏡を使った手術に積極的に取り組んでおり、腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も実施数が多く、平均9.5日で退院しております。




整形外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 28 4.96 34.46 28.6% 81.5
K0462 骨折観血的手術(前腕) 16 2.06 14.31 6.3% 64.4
K0811 人工骨頭挿入術(股) 10 7.90 46.30 60.0% 83.4
- - - - - - -
- - - - - - -

整形外科で行われる手術のうち、最も大きな割合を占めるのは骨折症例です。骨折症例では、大腿骨頚部骨折に対する骨接合術や人工骨頭置換術等も積極的に実施しております。




呼吸器外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 11 2.36 31.82 18.2% 74.4
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

呼吸器外科で行われる手術のうち、最も多いのは肺癌に対する手術症例です。外科と同じく患者さまの身体への負担が少ない、胸腔鏡を使った手術に積極的に取り組んでいます。




眼科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 312 1.07 5.59 0.3% 74.5
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -


水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他)以外の手術につきましては、患者数が10未満のため「-」としています。

当院では1人体制で眼科一般の診療を行っており、白内障の手術を主に行っています。




その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.43%
異なる - -


各傷病名について、患者数が10未満の数値には「-」としています。

平成29年度に、手術・処置の合併症で算定した患者数を集計しました。

平成29年度に当院を退院した患者数は2,822人です。

各症例の発生率は

12(手術・処置等の合併症の患者数)2,822(退院患者数)=0.43%。


更新履歴
 

 



PageTop